医師によるピアス穴あけ

予約不要ですので、診療時間内にお越しください

ピアスの穴あけは医療行為です。 ピアッサーの流用はB型、C型肝炎、エイズなどの感染症リスクが高まり、化膿や細菌感染などトラブルが発生する恐れもあります。

当院では、万一のトラブルの際は保険診療でのアフタ-ケアが可能ですので、安心してピアッシングを受けていただくことができます。 流れとしては、 当院にお気に入りのピアスを持ってきていただき、ピアスの穴を開けてほしい場所にご自身で鏡を見ながら印しを入れていただきます。

その間、持ってきていただいたピアスを院内で消毒し、診察場に入っていただいたときに、医師と印しを入れていただいた希望の穴あけ場所の最終チェックを行います。 穴あけ場所が正式に決まったら麻酔をしてピアッシングを行います。

(麻酔は耳ではほとんど冷凍麻酔ですが、耳でも特殊形状のピアスやへその場合は注射による局所麻酔となります)
5分ほど安静にして出血等のないことを確認してから帰宅していただきます。

当院は、耳、へそであれば場所、形状を問わず、ほとんどのピアッシングは対応可能です。ただし、未成年の方はかならず保護者の許可をいただいてきてください。

 

 

 

一般的な位置をイヤーロブといいます。

料金表(表示はすべて税抜き価格となります)

1,イヤーロブ 2,500円
2,へリックス 2,500円
3,コンク 2,500円
4,インダストリアル 10,000円
5,ダイス 6,000円
6,トラガス 5,000円
7,スナッグ 5,000円
8,アンチトラガス 5,000円
9,ロック 6,000円
ヘソピアス 10,000円
消毒液 300円

よくあるご質問

Q.20歳未満の場合、親の委任状は必要ですか?

委任状は不要です。ただし、親の許可は必要です。当医院備え付けの書類にご自身でサインしていただきます。

Q.予約できますか?

予約は承っておりません。 診療時間中にお越しください。[診療時間はこちら]

Q.寝ている間にピアスが外れました。1週間以内だと無料でピアッシングしてもらえますか?

なるべく費用が発生しないように対応いたしますが、器具、麻酔等を使用した場合には通常料金をいただいております。

Q.自宅で消毒する際にピアスを外してしまい、ピアスが入らなくなりました。無料で再度ピアッシングしてもらえますか?

なるべく費用が発生しないように対応いたしますが、器具、麻酔等を使用した場合には通常料金をいただいております。


Q.ピアッシングしてもらいましたが、角度が気に入りません。入れ直しは無料で対応してもらえますか?

角度、位置が気に入らない場合、ピアッシング後、1週間であれば無料で対応しております。
1ヶ月経過の場合、半額料金で対応しております。

 

お支払い方法

現金かpaypayでのお支払いが可能です。


※paypayでのお支払いはピアス穴あけ、インフルエンザ予防接種など自費診療に限らせていただきます。