ホーム>岡田外科医院のお知らせ>2015年5月

2015年5月

開眼片足起立

開眼片足起立という運動があります。

方法は目を開けたまま、片足になって1分間立っているだけです。転倒しないように身体は壁にもたれてもイイし、片手で手すりをつかんでいてもイイし、それでも不安な人は両手で机などに軽く手をついてもイイのです。片足で立つということは両足で立つ時より約3倍の運動負荷を足に加えることができます。これは骨密度の改善に有効であるばかりか、骨盤周囲の筋肉を鍛えますので膝などの強化にもつながり、バランスの改善や転倒予防にも効果があるという一石二鳥の運動であります。たった1分の片足起立は約1時間の歩行による足への圧迫負荷量に匹敵するため、高齢者にはもっとも簡単で効果的なトレ-ニングといわれています。片足1分づつの両足2分。一日24時間、分になおせば1440分。このうちのたった2分のことです。

寝たっきりをさけるため、ひとつがんばってみませんか?