ホーム>岡田外科医院のお知らせ>2015年1月

2015年1月

冬キャベツの効用

 冬キャベツには夏キャベツよりビタミンCが豊富に含まれている。ビタミンCが多いのは外葉と中央のしんに近い部分である。(ちなみにこれは白菜も同じ)外葉が緑色で、固く巻いていて、みずみずしくてずしりと重いもの。こういうキャベツにビタミンCやミネラル、食物繊維がよりたくさん含まれている。これを丸ごと冷蔵庫に入れておけば、1週間でもビタミンCの減少はたった3%なのである。(最近千切りキャベツをよく見かけるが、これは冷蔵庫に入れておいてもすぐにビタミンCが減少する)キャベツの葉をゆでる時はビタミン、ミネラル、それにうまみを逃さないよう水にさらさず、ゆで汁の量もせいぜいかさの半分とするのが良い。さて、ビタミンCにはインフルエンザなどのウイルス疾患を防ぐ効果があることはよく知られているが、キャベツには発ガンを70%減らす成分があるとされている。またキャベツにはコレステロ-ルを下げる働きもある。